新宿区曙橋駅から徒歩1分の上杉歯科医院│診療予定・臨時休業のお知らせ

クレジットカードがご利用いただけます。
上杉歯科医院
歯磨きが重要な理由🪥①
2022/07/04

歯磨きが虫歯にどの程度影響を与えるか調べるために、こんな実験をした人がいます🧪(専門家による実験です。真似はせず、歯は毎日磨いてくださいね!)

わざと前歯の歯磨きをせず、数日間汚れをためておきます。数日後に、そのままの状態でブドウ糖で口をゆすいだところ、歯の表面の酸性度は歯が溶け始める(脱灰する)臨界pH5.5を大きく下回りました😲(pHは数字が小さいほど酸性度が高いです)その後、30分から60分程度で唾液の作用によりpHは徐々に回復しました。(唾液にはお口の中をフラットに保つ作用があります)

その後、今度は左側だけ歯を磨き、右側は汚れを残したままの状態にして、再びブドウ糖で口をゆすぎます。すると、右側の前歯は先ほどと同様に臨界pHを超えましたが、左側の酸性度は臨界pHを超えず脱灰が起こらなかったのです!

この実験により、歯磨きで適切に汚れを除去できていれば、食事をしたりしても歯が溶けにくくなることが分かり、歯磨きが虫歯予防に重要な要素であることが証明されたのです✨


フッ素は細菌にも作用する😈
2022/07/02

虫歯は、虫歯菌が糖質をエサとして酸を出すことによって進行します😈

フッ素には、この虫歯菌が酸を作り出す反応を阻害したり、細菌が酸を出すのを阻止する働きがあるんです!

フッ素は歯を強くするだけでなく、虫歯の原因菌にも作用することで、虫歯になりにくいお口の環境を作り出しているのです✨

フッ素は、再石灰化を促進します!
2022/07/01

フッ素を塗るとなぜ虫歯になりにくいのか?今回はフッ素がもつ『再石灰化の促進』という役割についてご紹介します✨

歯は酸に弱く、食事をしたりしてお口の中が酸性に傾くと、表面が溶け出します。この状態を『脱灰』といい、脱灰した部分は弱くなっているため虫歯になりやすい状態です👿歯磨きをしなかったり、ダラダラ食べやダラダラ飲みが続くと虫歯が進行していきますが、多少の脱灰であれば、食後の歯磨きや唾液に含まれるミネラルによって修復されます。これを『再石灰化』と言います。

歯が溶ける酸性度を臨界pHとよび、通常はpH5.5だといわれています。(pHは数字が小さいほど酸性、大きいほどアルカリ性です。ちなみにコーラのpHは2.2😱)

ところが、定期的にフッ素塗布をしている歯やお口の中にフッ素の成分が存在する状況だと、歯の臨界pHは4.5まで下がるんです!!

例えば、お口の中のpHが5.0まで傾いているとします。フッ素塗布などを行なっていない歯では臨界pHである5.5を超えているので脱灰が進みますが、フッ素が作用しているお口ではまだ脱灰が進まない状態です😲

また、フッ素が歯に作用すると歯のエナメル質(外側の一番硬い部分)の主成分である『ハイドロキシアパタイト』がフッ素と結びつき、『フルオロアパタイト』というより強い成分へと変化します!!

このように、フッ素が作用することで脱灰しにくい歯になるため、『フッ素は歯を強くする』といわれています✨

お口の中、痛みの原因がどこにあるか分かりにくい😱
2022/06/29

「上の歯が痛くて歯医者に行ったら、下の歯に原因があった!」なんて経験、ありませんか?

実は、どの歯に痛みがあるのかをピンポイントで当てるのは至難の業。上の歯と下の歯、それぞれから伸びた神経の枝は同じ神経に繋がっています。そのため、脳の中に信号が送られたときには、どちらの枝から痛みの信号が出ているのか判別するのが難しくなっているのです🧠

そのため、何かトラブルがある場合は正確な診断を行うため、レントゲン写真を撮るのが非常に重要になります!目で見ただけでは分からない部分も、見せてくれるのです📸

近所の医療施設などを探せます🏥
2022/06/25

『さがせーる新宿』というサイトで新宿区の医療施設や介護施設を探せます🙆‍♀️

https://carepro-navi.jp/shinjuku

こちらのサイトでは、高齢者の方向けの習い事なども探すことができ、同じ地域に住む方との交流の場を簡単に探すこともできます✨

近所で通いやすい施設や習い事などをお探しの方は是非ご活用ください!当院も掲載されています☺️

ごっくん体操でいつまでも健康に!
2022/06/24

年齢を重ねると全身の筋力が衰えますが、それはお口や喉も同じです👄噛む力、飲み込む力が落ちると、食べられる物の範囲が狭まったり、食べ物や飲み物が気管に入ってしまう『誤嚥』を起こしたりと、楽しく食事ができなくなることも😢

特に、誤嚥により飲み込んだ物に付着した細菌が肺炎を引き起こす『誤嚥性肺炎』は高齢者の死因において第6位となっています。通常の肺炎と分けて集計されており(ちなみに通常の肺炎は第5位)、重要視されていることが分かります🔎

最近、硬いものや弾力のあるものが食べにくくなったり、むせる事が増えた方はごっくん体操で、噛む力・飲み込む力を鍛えましょう!!

YouTubeに分かりやすい動画が上がっていますので、一緒にやってみてくださいね✨https://youtu.be/-d_HBvW12jo

明日6/22の診療につきまして
2022/06/21

明日6月22日(水)は院長が牛込保健センターで3歳児健診を行うため、午前中休診とさせて頂きます。

午後は通常通り14:30〜18:00まで診療致します。

ご家族の皆様も、ぜひ検診にお越し下さい🦷

永久歯のためにも乳歯は大切🦷✨
2022/06/20

乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫?いえいえ、そんなことはありません!

お子様のレントゲン写真を見られたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯の下にはその後生えてくる永久歯が骨の中でスタンバイしています🙆‍♀️永久歯は乳歯の根っこを少しずつ吸収して大きくなり、乳歯は根っこが短くなることでグラグラ揺れるようになります。そして、ある日乳歯がポロっと抜けて永久歯が顔を出します。このような仕組みで歯は生え変わるのですが、乳歯はそれぞれの下にある永久歯が出てくるまでのスペースを確保し、正しい場所へと導く役目を担っています。

そんな乳歯が深い虫歯になり、予定より早く抜くことになってしまった場合、道案内を失った永久歯は少しズレた場所へ生えてきたり、角度をつけて生えてしまったりすることがあります。また、生え変わるまでのスペースが確保できないため隣の歯が寄ってきてしまうこともあります。

乳歯は抜け落ちるまで、大人へと成長するための大切な役割を持っています!乳歯も虫歯にならないよう、子どもの頃からケアしていくことが大切です✨

もし、なかなか抜けなかったり、グラグラしてるけど永久歯が生えてきてしまった場合などはご相談ください🧏‍♀️

ちなみに、保護者の方が、うちの子すきっ歯なのかな?と心配されていることがありますが、乳歯の後に生えてくる永久歯はもっと大きいので、そのスペースを確保するために乳歯は感覚を開けて生えています。なので、すきっ歯に見えるかもしれませんが、乳歯のうちはそれが正しい歯並びなのでご安心ください☺️

セイウチも歯磨き🪥✨
2022/06/18

兵庫県の城崎マリンワールドでは、『歯と口の健康週間』にちなんで、セイウチ「そら」君の長ーい牙を子供達が磨くイベントがあったそうです🪥

みなさんもこの機会にご自身の歯やお口の健康について考えてみてはいかがでしょう😄当院では、常時、健診やご相談など受け付けております!

歯科検診義務化、検討へ!
2022/06/16

現在、『歯科検診の義務化』が政府で検討されています😳
検討の段階なので、具体的な内容はまだ分かっていませんが、全体の医療費抑制を目的としているそうです。

近年の研究で、歯周病は様々な病気と関連がある事が分かっています。
歯周病を予防する事で、他の病気の予防にも繋がると考えられているわけです🤗
歯周病は歯を失う原因にもなり、自分の歯が20本以上残っている人の方が寝たきりなどのリスクも低い事が分かっています。

健康に長生きするためにも歯は非常に大切な要素です。
一度失ってしまった歯や削った歯、歯周病によって溶けた骨や下がった歯茎は元には戻りません😢
そのため、予防が非常に重要になってきます!
義務化はまだされていませんが、この機会に是非、歯科健診の受診をお勧めします🥺✨

全388件中 41〜50件目を表示

〒162-0065
東京都新宿区住吉1-1 横塚ビル1F

Tel:03-3355-3287

診療時間
9:00〜13:00 - 休診
14:30〜17:30 - -

平日(木曜日を除く)、土曜:10:00~13:00 / 14:30~17:30
金曜は午前診療のみ
休診日:木曜、日曜、祝日

都営新宿線曙橋A4出口より徒歩0分。
虫歯治療(痛くない・削らない)、小児歯科(フッ素、シーラント)、歯周病治療、予防、ホワイトニング、入れ歯、歯並び・噛み合わせ、矯正歯科治療相談。 審美治療(ジルコニア、オールセラミック)、を行っております。カウンセリングやセカンドオピニオンにも対応しております。
曙橋周辺の駅である、四ツ谷や 市ヶ谷からも多くの患者さんにご来院いただいております。