新宿区曙橋駅から徒歩1分の上杉歯科医院│診療予定・臨時休業のお知らせ

クレジットカードがご利用いただけます。
上杉歯科医院
学校健診では何を見ている?
2023/05/10

学校歯科健診では、虫歯の有無だけをチェックしているわけではありません。

学校歯科医は、座った時の姿勢や口の状態、口を開閉させたときの顎関節の状態、歯並びや嚙み合わせ、噛み合わせた状態での汚れの付き方や歯茎の状態などもチェックしています!

汚れは虫歯や歯周病の原因となり、姿勢・噛み合わせは将来のお口や全身の健康に影響していきます。

チェック項目があっても、虫歯がないなら大丈夫!と判断せず歯科医院できちんとチェックするようにしましょう☺

本日より診療しています。
2023/05/06

GWのお休みをいただき、誠にありがとうございます。当院は本日より診療を再開しています。

緊急で受診をご希望の場合、インターネットでご予約が取れなくても、お電話ではご予約いただける場合がございます。お気軽にご連絡ください!

学校検診ですぐに歯医者さんに来てほしい項目!
2023/05/03

学校歯科健診では、様々な用語が登場しますが、すぐに歯医者さんに来てほしい項目は以下のものです!

・虫歯(C)があります:治療が必要な虫歯があるお子さんや、治療途中の虫歯があるお子さんにチェックが入ります。

・歯肉の病気があります:治療を必要とする歯肉の病気がある状態です。

・検査が必要な歯があります:虫歯になりかけの歯がたくさんあったり、抜いた方が良い乳歯が残っている場合にもチェックが入ります。

・相談が必要です(顎、嚙み合わせ、歯並び):矯正治療が即座に必要というわけではありませんが、全身の健康面からリスクの有無をみています。必要であれば専門医での相談がオススメです。

・歯石(ZS)の沈着があります:歯石はご自宅では落とせない硬い汚れの塊です。虫歯や歯周病の細菌の住処ともなるので、一刻も早く歯科医院で除去しましょう。

以上の項目にチェックが入っている用紙が学校から返却されたら、すぐにかかりつけの歯医者さんで診てもらいましょう!

また、特に気になる項目がなくても、3か月~半年に一度は定期検診を受診することがおススメです。

フッ素塗布を実施しています✨
2023/04/28

新宿区にお住まいで、未就学児のお子様がいるご家庭には2023年度のフッ素塗布受診票が届いているかと思います☺️そちらをお持ちいただければ、無料でフッ素塗布を実施できますのでこの機会に是非、お越しください🙆‍♀️

2枚配布されているかと思いますが、フッ素塗布は半年おきに行うのが理想的なので、今月1枚使用した場合は11月にもう1枚を使用する形式になります🤗お子様のお口の状態によって、期間が異なることもございますので、その場合はこちらからご説明させていただきます!

フッ素塗布は虫歯予防に非常に効果的で😁こちらの受診票をお持ち頂ければ、無料で実施できますので是非ご来院ください。💁‍♀️

 

明日4/26の診療につきまして
2023/04/25

明日4月26日(水)は院長が保健センターで3歳児健診を行うため、午前中休診とさせて頂きます。午後は14:30〜17:30まで診療致します。

ゴールデンウィーク前後は予約が大変混み合います。気になる箇所がございましたら早め早めの受診をお願いしております。どうぞ皆さまお元気に、連休をお過ごし下さい🎏

学校歯科健診の見方🔍
2023/04/23

新学期が始まり、そろそろ学校歯科健診が近づいている学校も多いのではないでしょうか?健診後、お子さんがご家庭に持ち帰る健診票の見方や記号について説明します!

『CO』とは、虫歯になりそうな歯がある状態を指します。ご家庭ではフッ素入りの歯磨き粉や洗口剤を使用して虫歯が進行しないように注意しましょう!歯科医院では、この状態では削って治したりはせず、定期的なフッ素塗布などで様子をみます。

『GO』とは、軽度の歯肉炎の状態で、歯茎の腫れや出血がみられます。放置してしまうと痛みが出る可能性などもあるので、歯磨きを丁寧に行ってください。特に、歯と歯茎の境目は汚れが残りやすく歯肉炎の原因となるので、注意して磨くようにしましょう。

『歯垢』は、汚れの塊を指し、十分に歯磨きができていない状態を指します。虫歯や歯肉炎の原因となるため、歯医者さんでは歯磨き指導などをして改善を試みます。

『顎関節・歯列・咬合』は、歯並びや顎関節に関して経過観察や指導が必要な場合を指します。矯正医がいる歯科医院などで、検査や相談をするのがオススメです。(※矯正治療中でもここにチェックが入ります。)

これらにチェックが入っているお子様は、今は定期的な観察が必要な状態です!まだ虫歯や重度の歯肉炎にはなっていませんが、このままの生活習慣、歯磨きを続けていると進行してしまう恐れがあります。一度、歯科医院の受診をして定期的に歯科健診を受診することが大切です!

次回は、学校歯科健診後、すぐに歯科医院に行ってほしい項目について説明します。

尚、当院の院長も、5月20日と5月27日の二日間、新宿区立富久小学校で学校医として健診を行います。富久小学校に通っている皆さんに会えるのを楽しみにしています!

歯以外に失くすもの
2023/04/19

15~79歳の男女1万人に「歯科医療に関する意識調査」を行ったところ、このような結果が出ました。
歯を失うことによって歯以外に失うと思うものは、食に関することだけでなく「健康🏃」や「笑顔😁」も失うと考えていることが分かります。✨

「歯を失うことで歯以外に失くしてしまうもの」ランキング

①食事の楽しみ・美味しいものを食べる機会

②食べることに対する意欲

③見た目の若さ

今後できる限りご自身の歯を残すためにも、毎日の歯磨きや定期的な歯科受診を心がけましょう⭐️

口臭が気になっていませんか?
2023/04/14

マスクを外した際などに口臭が気になることはありませんか?口臭の原因は主に3つあり、食べ物や飲み物に由来する生理的口臭、虫歯や歯周病に由来する口臭、全身疾患由来の口臭があります。

特に多いのは歯周病由来の口臭です!歯周病が原因の場合は、3か月から半年での定期健診の受診やクリーニング、ご自宅での丁寧なブラッシングが大切です。

また、口が乾くことも口臭の原因となるため、唾液マッサージで唾液の分泌を促進したり、保湿ジェルを使用することも有効です✨

気になる方は、一度歯科医院で相談することをおススメします!

GWのお休みに関して
2023/04/11

4月29日(土)から5月5日(金)までお休みいたします。前後の日程は混み合うことが予想されますので、お早めのご予約がオススメです。インターネットよりご予約ができない場合はお電話にてご連絡ください🙇‍♀️ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

口呼吸していませんか?👄
2023/04/08

皆さんは、ご自身がきちんと鼻で呼吸できているか分かっていますか?鼻呼吸ができていると思っていても、実際は寝てる間など口呼吸をしている場合もあります。口呼吸をしている場合、お口の中には特徴的な着色が見られることがあります!

コーヒーや緑茶など色の濃いものをよく飲まれる方は、歯に着色が見られることが多いですが、鼻呼吸をしている場合は歯全体に着色することが多いです。しかし、口呼吸をしている場合は歯茎付近には着色がなく、歯の先端のみに着色していることがあります😲口呼吸をしていると、唇が開き、露出した部分が乾くためそこに歯石の薄い膜ができます。ここにコーヒーなどの着色が付着すると、歯を磨いても取れない着色になるのです。

口呼吸をしていると、口の中が乾燥するため虫歯や歯周病が進行しやすくなります。また、口呼吸は鼻呼吸に比べて吸い込む空気が10%ほど少なくなり、必然的に取り込む酸素量も少なくなるため、血圧の上昇や血糖値が上昇することもあります。

起きている間は意識して鼻呼吸をすることができますが、寝ている間の口呼吸防止にはマウステーピングがおススメです!薬局などで販売しておりますので、気になる方は一度使用してみてください。

日本人の約8割が無意識のうちに口呼吸をしていると言われています。自分が口呼吸をしているかどうか分からない😔という方は、歯石の付き方や歯茎の状態で確認することができるので、一度歯科医院を受診してみると良いでしょう✨当院でも、お気軽にご相談ください!

全501件中 71〜80件目を表示

〒162-0065
東京都新宿区住吉1-1 横塚ビル1F

Tel:03-3355-3287

診療時間
9:00〜13:00 - 休診
14:30〜17:30 - -

平日(木曜日を除く)、土曜:10:00~13:00 / 14:30~17:30
金曜は午前診療のみ
休診日:木曜、日曜、祝日

都営新宿線曙橋A4出口より徒歩0分。
虫歯治療(痛くない・削らない)、小児歯科(フッ素、シーラント)、歯周病治療、予防、ホワイトニング、入れ歯、歯並び・噛み合わせ、矯正歯科治療相談。 審美治療(ジルコニア、オールセラミック)、を行っております。カウンセリングやセカンドオピニオンにも対応しております。
曙橋周辺の駅である、四ツ谷や 市ヶ谷からも多くの患者さんにご来院いただいております。

初めて来院される方へ 診療予定、臨時休診のお知らせ 医院からのお便り